バリアフリー

バリアフリー

障害者の性について

「障害者の性」はまだまだタブー視されているのが現状です。
障害者にとっても、それは人間活動において絶対欠かせない事柄です。
偏見や差別などなかなか理解をされない事かもしれませんが、「性」とは生活のなかで決して目を背けてはならない大切で健全なものです。
当店は専門的な技術・知識を習得し、更にフィーリングから性的な内容までしっかりケア出来るように教育されたセラピストが対応させていただきます。
※ご本人以外が代行していただいても結構です。ヘルパーさんやご家族、ご友人、施設職員の方からのご依頼も承ります。

当グループでは障害をお持ちの方と健常者が同様のサービスをご利用頂くために接客は「心と心のやりとり」である事を徹底指導しております。
ですから当グループの女の子はうわべ(我慢して)の接客ではなく、心から満足して頂きたい一身でお客様にご奉仕致します。
高齢者や障害をお持ちの方が安心して遊べる風俗店を目指して
当店は高齢者や障害をお持ちの方が安心して遊べる風俗エステ店を目指しております!

過去にはお客様に逆に気を遣わせてしまったこともありますし、女性への負担を考慮し、お断りをさせていただいたケースもありました。
お客様におきましては、ご自身が一番ご自身の出来ることの可否を分かっていらっしゃるかと思います。

私どもは気を遣うのではなく、気配りをしながら通常サービスで出来ることは自身でしていただき、必要なことだけをお手伝いさせていただくスタイルをとっております。

性感回春エステはお客様が受け身になったままで気持ちの良いサービスを受けられる体にも負担の少ない優しい内容となっております。
フィニッシュはハンドサービスですから性病のリスクもございません。
本格的なオイルマッサージで血流やリンパの流れもよくなりますので、高齢者の方や障害をお持ちの方にも非常にお勧めしやすいサービス内容が自慢です。

障害者への性的サービスについて

心のこもったサービスを提供致します。
以前他店で断られたり嫌な思いをされた方も安心してご利用下さい。
またご来店されるのに不自由もお気軽にお問い合せ下さい。

他店で断られた方、嫌な思いをされた方へ

快楽グループ各店ではは出来る限りご要望にお応えします。
しかし、ただ障害によっては本人に悪気がなくても人を傷つけたり等どうしても迷惑がかかる障害症状もございます。
そういった方もご相談にのれる場合もありますので是非ご相談下さい。
当グループで今までご来店下さったお客様の障害は「視覚障害、聴覚障害、音声・言語機能障害、そしゃく機能障害、肢体不自由、内部障害、知的障害、ダウン症など」です。
※障害の重度によって様々ですが、ご利用をお考えの方はご相談下さい。

<< 注意事項 >>
  • ●障害者の方は身体障害者手帳をご持参下さい。
  • ●女性やスタッフ、お客様の迷惑になる行為はお控え下さい。
  • ●聴覚障害、知的障害をお持ちの方は料金等のトラブル防止のため、出来るだけ付き添いの方とご来店下さい。
よくあるお問合わせ
Q:通常の料金の他にかかる費用はありますか?
特別な費用はいただいておりません。
通常のシステム料金だけで、通常のサービス内容を受けれます。
オプションや指名料金も通常の料金と変わりません。
お客様のご利用をお待ちしております。
Q:知的障害でもサービスは受けられますか?
当系列店で知的障害を持ったお客様は健常者同伴で来て頂いてますが、やはり障害の重度によります。
周りのお客様や女性に迷惑や危害の恐れがある場合は申し訳ありませんがお断りさせて頂いております。
ただ、こういった内容につきましてはメールのやり取りでは判断しかねますので、一度お電話にて詳しい内容をお聞かせ下さい。
※メールのやり取りだけでも仕事の依頼はお受けいたします。
意思の疎通について
  • 1.一つひとつ、女の子の方から声をかけて誘導します。
  • 2.何度でもわかるまで聞きます。
    わからないのにわかったフリをすることなく、聞き取れないことを悪いと思わずわかるまで何度でも聞き直します。
  • 3.障害は人によってさまざまです、同じ障害でも人それぞれ違います。
    軽度の人もいれば重度の人もいます。
    自分でできることは自分でする人もいます、自分でできることでもして欲しい人もいます。
    必ず声をかけて手伝わせてもらいます。
    何にでも手を貸すのでなく、聞いてから手伝うようにします。
  • 4.看護師や介護士の資格を持った女の子も在籍しています。
    資格を持ってない女の子もいますがみんな優しい女の子ばかりです。
    至らないことも多々あると思いますが一生懸命お手伝いします。
    信頼関係を築くためにご利用の際にお客様の個人情報をお預かりさせて頂きますが、個人情報は厳重に管理しており流出する心配は一切ございませんのでご安心下さい。
    また、当店からの営業電話は一切致しません。
    安心してご利用でき、感謝の気持ちを忘れずに最高のサービスを常に提供させて頂くことで、お客様とのより良い信頼関係が築いて行けると考えております。
射精介助とは

「射精介助」は、脳性まひの二次障害や、難病による筋萎縮・拘縮・身体麻痺が理由で、

  • 1.物理的に、射精行為を行うことができない方
  • 2.射精行為を行うのに、時間的・身体的に過度の負担がかかってしまう方に対して、セラピストの手で射精を介助するケアサービスです。

定期的な射精介助を行うことで、

  • 1.二次障害、加齢に伴う「性機能の廃用症候群」を予防することができます。
  • 2.毎日の生活に、活力を取り戻すことができます。
  • 3.射精不全に伴うストレスが減り、日々の精神状態を安定させることができます。
利用対象者について

1.二次障害の進行により、自力での射精が困難になった脳性まひの方
2.難病による筋萎縮・拘縮・麻痺のために、自力での射精が困難である方
(ALS、SCD、SMA、髄膜炎、関節リウマチ、筋ジストロフィーなど)
※上記以外の身体障害(脊髄損傷・頸椎損傷・高次脳機能障害)、知的・発達・精神障害の方

利用申込みの際の注意事項

1.射精介助は、脳性まひや難病のため、自分では満足に射精行為を行うことのできない男性重度身体障害者の「性機能の低下予防」及び「性に関する尊厳と自立を守る」ことを目的としたケアサービスです。

2.当店の射精介助はセラピストがお客様のご自宅、ホテルへの出張をしケアを行う出張介護形式のサービスです。
利用申し込みの前に、現在の出張可能地域をご確認ください。

3.下記に当てはまる方は、サービスを利用することができません。

  • ■18歳未満の方
  • ■脊髄損傷・頚椎損傷、高次脳機能障害の方
  • ■性感染症に罹っている方
  • ■射精の際に、激しい不随意運動(=痙攣)が起こる方
  • ■狭心症及び心筋梗塞の治療中の方
  • ■心血管系障害を有するなど、性的な興奮を伴う行為・射精行為が不適当と考えられる方
  • ■低血圧の方(上が90mmHg未満、下が50mmHg未満)
  • ■高血圧の方(上が170mmHg以上、下が100mmHg以上)
  • ■脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が、最近6ヶ月以内にある方

4.ケアサービスの利用によって健康を損なう可能性のある身体障害や病気を有している場合、ケアサービスの利用前に、必ず主治医の許可・指導を得てください。
利用者が、ケアサービスの利用によって健康を損なう可能性のある身体障害、病気等を有しているにも関わらず、入会・利用に際してそのことを明示せず、その結果としてケアサービス提供後に体調が悪化した場合、当店は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

5.ご家族と同居されている場合、利用申込みの前に、必ずご家族の同意・了解を得てください。

6.利用希望者の方が身体障害のために電話やメールを使用できない場合、ご本人に代わって、ご家族の方が、代理で利用申込みを行うことも可能です。

全盲の方のご利用例

ほぼ全盲の方でしたので安全のためホテルではなくご自宅への派遣とさせていただきました。
料金のお支払に関してはご親族の方に立会いいただきましたので、ケアを受けるお客様には安心していただけたようです。
過去にはお客様のご要望で自宅ではなくホテルへの派遣のケースもございましたが、その時はバリアフリーが万全のホテルをこちらでご紹介させていただき、ホテルのロビーでの待ち合わせとさせていただきました。
お支払いに関しては付き添いの方を通す形とさせていただきました。
プレイ後もホテルのロビーでお別れではなくご自宅までドライバーがお送りさせていただきました。
(交通費として別途2,000円いただきました。)

難聴の方のご利用例

待ち合せ型を希望されましたので待ち合わせ場所や服装、プレイ内容と料金と女性の特徴を事前にメールでお知らせさせていただきました。
お車の方には、ナビの設定地をメールでお伝えしました。
女性にはメモ帳を用いての会話は筆談で行いました。

下半身が不自由な方(下半身不随・車椅子の場合)のご利用例

<< 下記のような実例がございます。 >>

1.シャワーを浴びれない方の際に、濡らしたタオルで体を拭いてサービスに入りました。

2.湯船につかってもらう際に、お風呂の中に椅子を入れ座ってもらいました。
足元が滑らないように、お風呂の床にタオルを敷きました。

3.おむつを着用されている方で、着脱衣を見られたくないということでしたので、その際は離れて待たせていただきました。

4.バスルームまで自分で這って行きますという方の時には、そのようにしていただきました。

5.車椅子の方で、車で来られたお客様がいらっしゃいました。
女性と一緒にスタッフがホテルまで迎えに行き、ホテル駐車場にて車に積んである車椅子を出し、運転席脇に付け乗るまでお手伝いしました。
玄関の段差等も考え、そのまま男子スタッフが車椅子を押し、女性と一緒にお部屋まで案内させていただきました。
プレイ終了後は部屋の玄関まで男子スタッフがお迎えにあがり、駐車場から車に乗るまでをお手伝いさせていただきました。

6.ご友人の方が同伴され、先にお風呂に入れてもらい、そのあとプレイをしました。